着手金と成功報酬


弁護士にB型肝炎給付金を相談をすると、まずは調査をすることになるでしょう。B型肝炎訴訟に持ち込むことができると判断できた場合には、弁護士に依頼をするというかたちが取れます。

正式に依頼するとなれば、弁護士は活動するための費用を要求する流れになりますが、これが着手金です。

弁護士事務所によって、着手金の金額は設定されており、無料にしている場合も多くなりました。支払いを要求される場合もありますが、ある程度金額は決まっています。基本として多いのは、10万円というところでしょう。

実際に請求できる金額によって設定されていることもありますので、事前に確認が可能です。支給が決まったときには、成功報酬を求められるようになるでしょう。給付金が受け取れた時にだけ発生する費用です。この成功報酬も弁護士事務所によって異なります。

どれぐらいの金額になるのか、かなりの差がありますので最初に確認が必要です。B型肝炎訴訟には特別措置法が存在し、訴訟費用の4%を国が負担するといった制度もありますので、うまく利用することがポイントになるでしょう。

実際にお金がかかりますが、それだけの給付金が戻ってくることを考えれば、依頼するほうが得策なのは間違いありません。

「まずは相談から」